旬のおいしさ

牡蠣(1月〜3月)

特徴

牡蠣 (かき) は、海の幸の中でも「海のミルク」と呼ばれており、ミネラルなどの栄養が豊富な食材です。グリコーゲン (糖質の一種) やタウリン (アミノ酸の一種) 、亜鉛などが含まれています。タンパク質の合成には亜鉛は必要不可欠な栄養素で、お肌トラブルや脱毛防止などの効果があるとされています。タウリンは、肝機能を正常化して、肝細胞の再生を促します。グリコーゲンは、体内でエネルギーに変化する働きがあります。

栄養価・効用

糖質の50%以上が、効率よくエネルギーに変わるグリコーゲンで、肝臓の機能を高め疲労回復を助け、筋肉や脳の働きを活発にします。

牡蠣(1月〜3月)の代表的なレシピ

フライ・天ぷらにして食べるのがオススメです。とくに、酢やかんきつ類の果汁をかけると、鉄分・亜鉛などのミネラル成分の吸収をさらに高めてくれます。